ろくめん☆ろっぴ

サークルろくめん☆ろっぴの同人活動・競馬・ingress・お仕事関係など綴ります。さばかんつなお=どうかんやしま。

何となく懐かしくなった。

 ラジオNIKKEI賞なあ。
 ニシノアップルパイの何も無さ。マイネルスフェーンの何となく賞金稼ぎで掲示板にのる安定感。
 6月30日にウインガナドルの名前はあげてるんだよな。なんで津村騎手を信用しないかね。いつかは重賞をとると思っていたけど石川騎手なあ。
 ラジオで聴いていたけど福島1800でありそうなパターン。3コーナーから先頭を追いかけて潰し合いか。
 ウインガナドルは抵抗できたけどニシノアップルパイは沈んだもんな。ハンデも軽いけど、福島限定で走る馬かもしれない。
 ロードリベラルは展開が向いたというか、小回りコースであるんだよなあ。
 お風呂でJRAのサイトで動画を観よう。
 本当はingress杉戸ミッションデイの事を書こうと思ったけど、競馬についてちょっとだけ。
 この前、どうでもいい切り抜きを発見したんだけど今はない父内国産馬限定レースは心躍るね。
 カブトヤマ記念なんて最高。ユーワビームの時の切り抜きだったけど父親サクラシンゲキインターグシケンホリスキー・メイワパッサー・マルゼンスター(マルゼンスキーではない)などなど。
 サクラユタカオーサクラバクシンオーからショウナンカンプで血脈を残しているけど、ほかは消えたというか淘汰されたね。
 もう牧場などにお金がないのは分かっているけど、ああこの馬でも種牡馬になれたんだって言うのは好きだったな。
 同人活動で使っている名前のどうかんやしまの「ドウカンヤシマ」も種牡馬になってそこそこ。ドウカンテスコもそこそこ。北海道から青森にトレードとかされたけど。
 ちょっと面白かったのはグリーングラスとかウィンザーノット辺り。
 グリーングラス産駒の距離適性はイマイチつかめなかったけど、普通に早く走る馬もいれば晩成でトシグリーンのように年令を重ねても走る馬が多かったイメージ。
 パーソロンの血脈はほぼ無くなったけど、ウィンザーモレノが変なことにならなければスプリンターズステークスでも勝って種牡馬になれたんじゃないかなー。
 メジロアサマトウショウボーイとかハイセイコーとかの血統を儲け度外視で……。いや、無理なのは分かっているけど。
 いつかはいま主流のサンデーサイレンスの血統も消えちゃうだろうし、キングカメハメハもわからないしなあ。時代で仕方ないけど。
 それでも、マイシンザンアサヒジュピターなんかひたすら買っていたし。マイナー血統って変に肩入れしたしなあ。
 正直、大種牡馬ノーザンテーストからの父系が壊滅するとは思ってもいなかった。サクラユタカオーは良く残っているよなあ。
 皐月賞ニッポーテイオー最後の大物(胡散臭い)「ダイタクテイオー」とハシノタイユウに夢を求めたり、トウショウフェノマが良い感じに走らないかなあとか思っていたけどねえ。
 まあ色々な父親の名前が柱に載ってると面白いよねって感じで。多少、牝系で残っているけどね。
 ちょっとまとまりきらないしこの辺ですかねえ。
 シーホーク産駒のウィナーズサークルなんて茨城県産。それだけでたまらない。自信たっぷりの菊花賞で惨敗して調教師の松山さんが苦い顔をしていたのは覚えているなあ。
 シーホークといえばベタならアイネスフウジン、捻ればジュサブローなんだろうけど、晩年のダイゴウソウルが好きだったな。
 ああ、本当にキリがない。
 勝手な記憶なんだけど、いつかは同人誌にでもまとめたいなあ。売れないだろうけど(笑