ろくめん☆ろっぴ

サークルろくめん☆ろっぴの同人活動・競馬・ingress・お仕事関係など綴ります。さばかんつなお=どうかんやしま。

即PAT恐るべし

 昨日は遠路はるばる髪の毛を切りに行って力尽きました……。
 で、その昨日から初めて即PATなるものを申請しましてネットで馬券が買えるようになりました。
 これが結構面白い。WINSで買うと空気に飲まれて余計な馬券を買ってしまうのですが、土日通して東京のレースをほぼやって負けは5000円でした。負けちゃダメなんだけど。レースを絞ればもっと負け分は減りそう。
 あとWINSで買いづらかった豆券が買えるので楽しい。払い戻しは500円とか1000円程度なんですけど、結構満たされるな。ラジコでラジオNIKKEI中央競馬実況中継が聴けるのは大きいなあ。グリーンチャンネルWEBには加入しなくても良さそうですね。
 本日ツイッターに上げた画像です。

 ほんだある先生単行本(何冊目?)「ぴーちしろっぷ」です。
 この前上げました、へっぽこくん先生のメッセンジャーズと若干似ている感じもしますが、このロゴのデザインとほんだある先生が描かれるちょっと寸胴な感じで可愛い女の子がとても魅力的な表紙だと思います。
 帯のコピーは……許してください(笑
 ほんだ先生が描かれるちょっと不思議なえろーすワールドは必見です。丁寧に描かれた可憐な少女たちが乱れるさまは可愛いのです。
 お話も十分読めるもので、ほんだ先生のセンスが満ち満ち溢れています。
 ほんだ先生は貧乳シリーズからのお付き合いですね。長いと思います。
 確か持ち込みだったかな? お名前は松文館さまで描かれていたので存じていました。原稿かコンテを新宿の鹿児島豚のとんかつ屋さんで見せて頂いたのですが、まさか鹿児島在住の方とは知らなかったです(笑
 それを見せて頂きまして、魅せられて執筆をお願いした感じだと思います。
 原稿の締め切りを守ってくれる作家さんでクオリティーも保ってくれてとても助かりましたね。作品も好きなのですが、個人的に困った時のほんだ先生でもありました。頼りになるのです。
 ちょっと企画もあったのですが、色々とあってポシャっちゃったのは申し訳ないことをしたなあ。
 機会があったら、翻田亜流名義のとき私が初めてほんだある先生の単行本を編集した「ハニーパンチ」もご紹介したいですね。発掘しないと。
20:24 自宅